TOP > トピックス > 「事業承継」と「事業継承」どっちが正しい?内

「事業承継」と「事業継承」どっちが正しい?

更新日:2021.06.28

平素より格別のお引き立てを賜り、厚く御礼申し上げます。
最近よく耳にする「事業承継」と「事業継承」。どっちが正しい?違いは何?と思われる方も多いのではないでしょうか。

辞書をいくつか見てみると、
「継承」⇒先の人の身分・権利・義務・財産・思想・精神などを受け継ぐこと。
「承継」⇒先の人の地位・事業・精神・身分・仕事・事業などを受け継ぐこと。
と記載があります。
つまり「理念」や「思い」を引き継ぐ場合は“継承”、「権利」や「義務」を引き継ぐ場合は“承継”のため『事業』を引き継ぐ場合はどちらの意味もあるように感じます。
弊社では法的意味合いの強い『事業承継』を使ってまいりますが、MVV(Mission・Vision・Value)も大事にしてサポートさせて頂くよう心がけております。

日本の中小企業では、経営者の高齢化が問題となっております。今後の事業の在り方にご不安な方は是非一度キークレア税理士法人へご相談ください。

中小企業庁ウェブサイト 年代別に見た中小企業の経営者年齢の分布

出典:中小企業庁ウェブサイト(https://www.chusho.meti.go.jp/pamflet/hakusyo/H30/h30/html/b2_6_1_2.html

キークレア税理士法人

Topics